ドクター衣理の部屋スーパービューティーコラボ

第1回ゲスト池澤 智さん

第2回ゲスト池澤 智さん

池澤 智さん

専門学校在学中にケビン山崎氏と出会い、パーソナル・トレーナーを目指し渡米。
2001年トータル・ワークアウトの創業メンバーとして入社。 多くの有名人やセレブのボディメイクを手掛け、高い評価を得る。
2005年その理論に基づいたプロテインフード・デリ「トータル・ワークアウト カフェ」六本木ヒルズ内にプロデュース。
2007年には食べ続けることでキレイなカラダを作るダイエット・ファストフードも開発。トレーニングとともに食のサポートを行うことで、多くのクライアントから絶大な信頼を得ている。
著書に、「つよくやさしくうつくしく」(ぴあムック)、「トータル・ワークアウト式3週間ダイエットバイブル」(法研)、 「モテからだレシピ」(ヴィレッジブックス パンツェッタ喜久子共著) がある。

現場のナマの声が大切だと実感します。

第2回ゲスト池澤 智さん

たとか?」
池澤さん「その通りです。衣理先生のクリニックは、それまでの私にとってトラブルレスキューの場所。日本全国を飛び回り、平均睡眠時間も3~4時間。その当時の体は悲鳴をあげていたんだと思います。時には体中にじんま疹がでて、肌はボロボロ、ドッと疲れた体を元気にするプラセンタを注射するために駆け込んだり…そんな姿を見かねた先生からは、睡眠だけはとってね!!と口をすっぱくして言われました。また、肌のトラブル回避のために薦めて

Dr.衣理「こちらのカフェは池澤さんのプロデュースですよね。 私もヘルシーで美味しくて、大好きです」
池澤さん 「衣理先生と ‘美’ についてお話するなんて緊張してしまって… 少しでも自分がリラックスできる場所を選んでみたんです(笑)」
Dr.衣理「そうなの?なんだか私まで緊張してきたわ~(笑)」
池澤さん「私にとって衣理先生は美肌に導いてくださった方ですし」
Dr.衣理 「4~5年前は日焼けして真っ黒なイメージでしたよね。 今では透明感のある肌が、とても素敵ですよ」
池澤さん「当時の概念としてボディメイクした体には、 日に焼けた肌のほうが締まって見えると思っていたので」
Dr.衣理「なるほど。で、私の助言により美白に目覚め

いただいたのが イースペシャルシリーズ。先生の反強制的(笑)?なアドバイスに従い使い始めたんです。もちろん、日に焼くのもやめて。その結果、美白な肌に。まさに私の肌を生まれ変わらせた基礎化粧品と言っても過言ではないですね」
Dr.衣理 「まぁ~恐縮してしまいます!でも、実際に使っていただいた方からの率直なご意見や成果を実感していただけると日々、肌の研究をしている私やスタッフへの励みとなるので」
池澤さん 「わかります。私も様々なお客様のパーソナル・トレーナーやカフェの仕事をしていると現場のナマの声が大切だと実感します。衣理先生ともトレーニングしつつ、仕事の悩みや愚痴(笑)を談笑してましたしね。ですので、そのお気持ちとても理解できます」

女性らしいラインとは、くびれのある体。

Dr.衣理「池澤さんはトレーナーでありつつ、決して女性の部分をおろそかにしない。そんな稀有な魅力があると思うの。例えば、自分に構わず、女らしさをワザと捨てるような方もいらっしゃるわよね。でも、池澤さんは違った。ネイルのお手入れはもちろん、マツゲ、眉、リップのラインやピアスなど、パーツやラインを意識していらして。こ 第5回ゲスト池澤智さんんな説得力のある女性トレーナーに教えていただけたら、きっと厳しい(笑)トレーニングも頑張れるんじゃないかと。それこそ憧れのボディに近付きたいという目標が見えたような気がしたわ」
池澤さん「そう言っていただけて、嬉しいです。私の思う女性らしいラインとは、くびれのある体。人それぞれに定義は違うとは思いますが。その昔、留学先のアメリカで目にしたポスターは、汗や砂のついた肌や、ウエイトを握る手にジュエリーをした広告がありまして。それを目にした瞬間から相反するモノの美しさに惹かれました。 ドクター衣理ですので、私自身もトレーナーとして女性らしさを忘れず、ただ単に細いのではなくジュエリーの似合う手首、足首、指など関節のある部分に色気を感じさせるような女性トレーナーになるよう日々精進しています」