ドクター衣理の部屋スーパービューティーコラボ

第5回ゲスト城華阿月さん

第5回ゲスト城華阿月さん

幼少より日本舞踊を始め、
89年宝塚音楽学校入学、91年月組にて「ベルサイユのばら」で
初舞台後、海外公演(ロンドン)をはじめ数々の舞台を経て、
98年宙組に組替え。
その後も海外公演(香港・ベルリン)他多くの舞台に出演後、
02年宝塚歌劇団退団。
03年NHK朝の連続テレビ「てるてる家族」出演、
07年 世界陸上 開会式振付助手、
また他にも数々の舞台に出演・振付指導・
09年9月より大阪・北堀江に宝塚受験コースも兼ね備えたダンススタジオを開講。
浪花屋鳥造福島店オーナーなど多岐に渡り活躍中。

「阿月ちゃんとは家族ぐるみのおつきあい。人間的にも魅力的で、美しさへのこだわり方もさすがプロ!ーーDr.ドクター衣理」 「衣理先生は安心して肌を委ねられる存在。プラベートとはまた違う美の対談ができて楽しみですーー城華さん」

普通じゃないことが当たり前。いつも美を意識していた宝塚時代

Dr.衣理阿月ちゃんとの出会いは、3年くらい前かしらね。阿月ちゃんのブログが最高に面白くてグッときたのがきっかけで私がラブコールしたの。あと、さすがに師範だけあって、着物をすごくきれいに着こなしていたのが印象的だった。ピシッとしているのにかといって堅苦しくなくて、私の好みにぴったりだったから、阿月ちゃんに着物を習えたらいいな、というのもあって。
城華さんそしてすぐにふたりで食事会をしたんですよね。もちろん初対面だったので「はじめまして」って(笑)。
ほっとする。不思議なご縁ですよね。
城華さん私も衣理先生が美を追求して日々勉強されていたり、母としてもきちんとしている姿を拝見して、すごく尊敬しています。自分にはないものばかりを持っていらっしゃるので。
Dr.衣理阿月ちゃんこそ、美に関してもかなりのこだわりを持っていらっしゃる!最初のお食事のときも、基本的に冷たいものを飲まないとか、ストレッチを欠かさないという話を聞いて、私なんて欠かしてばかりだわ、って思ったくらい(笑)。髪型もいつも
Dr.衣理ご主人も素敵な方で、さらに家族ぐるみのおつきあいが始まって。メールのやりとりから急速にこんなに仲良くなることってないし、阿月ちゃんと会うとすごく
素敵だし、ネイルもご自分でされるとは思えないほどプロ級!
城華さん宝塚時代は髪飾りも針金ひとつから自分で作っていたんですよ。髪型にしても、先輩の髪型とかぶったらすぐにアレンジを変えなくてはいけなかったので。
Dr.衣理メイクもすごく上手。濃いわけではなくあくまでナチュラルに見えるのは、色をあまりたくさん使わないからかしら?
城華さんメイクをするときに顔の前と後ろで鏡を合わせるんです。そうすると、人から見た自分の顔がわかるから。鏡に写った顔と人から見た顔って違いますから、舞台でもずっとそうやってメイクをしていました。
Dr.衣理なるほどね~。ストレッチも宝塚の頃からずっと続けているんでしょう?
城華さんはい、ストレッチは朝晩必ず。ただ、回数まで決めると義務になって続かないので、回数を決めずに開脚、腹筋、背筋、柔軟体操などを30分くらい。宝塚では、同期といえどまわりはすべてライバルなので、一緒に食事に行っても家に帰ってから腹筋したり、半身浴しながらマッサージしたりして、体型は維持するように常に気を遣ってきました。髪型もメイクもお稽古のときからいかに自分をきれいに見せるかを常に意識していましたし、レオタードひとつにしても人と違うおしゃれなものを身につけるために生地を特注したり。しかも、男役さんに失礼にならないよう、汗をかいたら何時間かおきに着替えるんです。
Dr.衣理そういうところは今でもあるわよね。どんな時もきちんとしているように、って。だから、阿月ちゃんのバッグはどらえもんのポケットみたいに何でも出てくる(笑)! 糸ようじとか、アメとか、絆創膏とか。常にいろんな場面を想定しているのね。

今日のファッションを拝見!

おしゃれなネイルアートも阿月流!

この日の城華さんのコーディネートは、白のパイピングが利いたフリルブラウスにショートパンツ&ロングブーツの組み合わせ。全身をシックな黒でまとめつつも、透け感のあるブラウスが肌の美しさを際立たせ、フリル使いがゴージャスさをプラス。ご自身で仕上げた赤とゴールドを交互に塗り分けたネイルも、黒の中に映えてアクセントに。抜群のスタイルと美しい立ち姿で颯爽と着こなすあたりはさすが!