ドクター衣理の部屋スーパービューティーコラボ

スタイリスト 伊藤美佐希さん

PROFILE

外資系商社を経て宝飾関係の広報機関にてPRを担当。
その後イタリア・フィレンツェに遊学。
帰国後、ジュエリー・ディレクターとして雑誌記事のコーディネートやファッション・スタイリング、広告制作、セミナーなどジュエリー
を中心とした多角的な活動を行っている。
著書に光野桃氏との共著『成熟へのジュエリー』(97年講談社)。
2000年1月、メディアを通してイタリアン・ジュエリーの普及に
貢献したとして、ヴィツェンツァ国際見本市協会と
イタリア貿易振興会から表彰される。

直感を信じて進んできたら、スタイリストになっていました

Dr.衣理 スタイリストになる前はジュエリーのPRをされていたとお聞きしていますが、若いころから、宝飾品に親しんでいらっしゃったんですか?
伊藤さん ジュエリーは興味がありましたが、当時はどちらかというとファッションのほうが好きでした。
大学を卒業後、グラフィックデザイン事務所やフランス系の商社で働いていたのですが、その後、たまたま友人がプラチナ関係のPRの仕事を手伝ってくれないかと。
スタイリスト 伊藤美佐希さんとDr.衣理 Dr.衣理 そこで本格的にジュエリーと
出会われたわけですね。
伊藤さん はい。プラチナの広報機関で、プラチナ・ジュエリーの魅力を広く知っていただくためのPRをしていました。国内外のメーカーさんとコンタクトをとったり、雑誌の編集の方にプロモートしたり。ハイジュエリーを扱う機会も多く、スイスのバーゼルの展示会へ行かせてもらったりして、勉強させていただきました。
Dr.衣理 その後、スタイリストさんへ転身されるわけですが、一体、何がきっかけだったんですか?
伊藤さん 仕事を通じてプラチナ・ジュエリーを知るにつれ、もっといろいろな角度からジュエリーに触れてみたくなって。それにはジュエリーを日常的に楽しんでいる人が多い国へ行くほうがいいかな、と思い切って仕事をやめ、イタリアへ遊学したんですよ。いろいろ人に聞いたら、女性が一人で行くならフィレンツェがいいだろうと。イタリア語の学校にも行きましたし、ジュエリースクールみたいなところへも行きましたが、日本でも親交のあった編集者で、現在は作家として活躍されている光野桃さんと再会して。ここにいるんだったら、ちょっと仕事を手伝ってくれない? と誘ってくださったんです。
Dr.衣理 すごい流れですね~。
外国でいきなり仕事をするって大変ではなかったですか?
伊藤さん すぐさま本職のスタイリストというわけではなかったんですが、連載をお手伝いするチャンスをいただいて。
Dr.衣理 なるほど、それで? 
伊藤さん 「成熟の宝石」というタイトルで、生活の中でジュエリーの景色のようなものを紹介する連載でした。読者が知りたいのは現地の女性がどんなふうにジュエリーを取り入れているか、でしたから。そのうち仲のよいお店に頼んで洋服も借りてきたり。当時はいろいろと工夫してコーディネートをしていました。
Dr.衣理 日本へ帰るきっかけは何だったんですか?
伊藤さん 結局、イタリアには2年ぐらいいたんですが、向こうで生活するうちに自分が次にやりたいことが見えてきて、そろそろ帰ろうかと。35歳のときでした。