「就寝する3時間前から食事をしない。仕事柄、もう習慣になっていることです」...景子さん

Dr.衣理
モデルの仕事は時間が不規則ですよね。食事はどうしていますか?
景子さん
基本は自炊ですよ。もう13年も一人暮らしをしているので、自分で料理をして体調管理をしています。料理をつくるうえで参考になったのは、友人であるスポーツ選手の奥様に教わったレシピですね。栄養を考慮した料理や、大きな鍋で鶏肉からダシをとって、それをさまざまな料理に使ったりしています。
Dr.衣理
ローフードもおすすめね。皮をむかないで野菜を調理したり。
景子さん
そうですね。生野菜もたくさん摂るように努めています。よく訪れているのは、幡ヶ谷や笹塚にあるイタリア式食堂の「イルキャンティ・カフェ」。こちらの“キャンティドレッシング”が本当に美味しくて、野菜サラダが進みます。どんな野菜とも相性抜群なので、サラダをたくさん食べたい時は行きますね。
あとは就寝する3時間前から食べないようにするとか、撮影の前はスキンケアを入念に行うとか、そういった習慣はもう自然に身についていますね。
真山景子さんとDr.衣理
Dr.衣理
では、運動は? 麻生十番にあるフィットネス「ポパイ」に通ってるとか。
景子さん
はい。20代前半までは、何もしなくても体型を保てたのですが、いまは運動しないと、お腹周りとか嫌なところに余分がついてしまう。しかも、不健康そうな身体にもなりますし。いまの年齢で体型が痩せたり太ったりするのは、ちょっと避けたいこともあり、運動することで、ベストな体型を維持するようにしています。
Dr.衣理
そうよね。体型チェックには鏡を使うことも有効だと思うの。
景子さん
全身鏡をバスルームの前と、洋服を着替えるところに置いています。すると、体型の変化がいやでもわかるので、気になるって思ったら、すぐに食事を節制したり、運動しますね。
Dr.衣理
スキンケアはイースペシャルを使って頂いているそうで。嬉しいわ。
景子さん
本当にスキンケアは、イースペシャルしか使ってないほど愛用しています。昔から肌の乾燥に困っていたので、保湿が充分にできるスキンケアを探していて、とにかく信頼していますね。おかげで肌の乾燥感はケアできています。
ただ、先日、ネイリストに“ひじ”の年齢感を指摘されて怒られました(笑)。やはり全身をケアすることも大切ですよね。
Dr.衣理
そう。愛用してくださっているシートマスクは顔に使った後、そのまま身体のパーツケアとして使ってみて。ひじやひざなど、パーツケアにおすすめです。