「ミス ユニバースの役割を終えて、しばらく経った時、肌にしみやくすみがあることを発見して!衣理先生のところに駆け込みました」...森さん

Dr.衣理
理世さんが初めてクリニックにいらしたのは、ミス ユニバース2007としての活動を終えてからでしたね。
森さん
はい。ミス ユニバースは“日やけしていて、肉体的にボリュームがあって”という、下着ブランドのビクトリアシークレットのような美のイメージがあって、任期中は私自身もヘルシーな小麦肌を維持していました。しかも、ミス ユニバースとしての活動は植林活動など、炎天下での活動も非常に多くあったことから、肌は常に日やけを避けられない状態で。

そのせいか、帰国してからシミが出てきたり、肌が荒れやすくなったりと、肌悩みが現れるようになってしまい...。
どうしようと思っていたところに、女性誌で衣理先生の記事を拝見しまして。
「ぜひこんな素敵なクリニックに行ってみたい!」と思ったのがきっかけです。
Dr.衣理
嬉しいです。理世さんが初めていらっしゃった時、確かに肌が敏感になっていましたね。さまざまな刺激に反応しやすい状態になっていました。
森さん
化粧品でも肌が荒れてしまうことがあって、とても困っていました。でも、衣理先生の診察を受けた後、クリニックでのイオン導入やエレクトロポレーション(無針メソ)などの施術や、丁寧なホームケアを心掛けるようになったことで、肌が少しずつ回復してきて。すごく嬉しかったのと同時に、このクリニックに出合えたことで肌への興味が高まりました。

「“肌を育てる”という意識があれば、肌ダメージは必ず回復させられる」...Dr.衣理

森理世さんとDr.衣理
Dr.衣理
そう言っていただけて嬉しいですね。肌はいったんダメージを受けてしまっても、時間をかけて育んでいけば応えてくれますからね。健康的な状態へと立て直すことはできますから。イースペシャルも愛用してくださってるとか?
森さん
はい。特にクレンジングジェルは手放せないアイテムです。汚れをきちんと落とせるのに、洗顔後の肌がつっぱらない点が気に入っています。しかも、W洗顔が不要なので、“時短ケア”でもありますし。
いまでは世界のどの国に行くときも携帯していますね。
Dr.衣理
それはよかった。確かに今日、お顔を拝見した限りでは、肌状態が安定していると思いますよ。ほかに健康でいるために心掛けていることはありますか? といっても、ダンススクールで指導にあたっているほどだから、あえて伺う必要もないかもしれませんが(笑)。
森さん
身体を動かして、汗を流すことはライフワークですね。特に身体だけでなく、心まで健康に整えてくれますから。
身体を柔軟に整えると、心も健康に保てると思っています。