「オーラがある女性は、高い感受性をもっている。パワーやハートが溢れていて、それが雰囲気になっていると思います」...内山さん

Dr.衣理
女性誌「GOLD」の創刊、おめでとうございます!
発売直後にも関わらず、“きれいの履歴書”にご登場くださり、とても嬉しいです。
Dr.衣理
内山さん
ありがとうございます。創刊までは大変でしたが、無事に発売日を迎えることができてホッとしているところです。
Dr.衣理
GOLDは、まさに私の世代がターゲットで、特集もタイトルも心にグッとくるものばかり。読みたいと思っていたトピックスが詰まっていて、これからじっくりと拝読します。
内山さん
ありがとうございます。創刊号を製作するにあたり、40代後半から50代にかけて“GOLD世代”の女性と100人以上お会いしまして、その方々を常にイメージしながら、誌面作りを行いました。

実際にお会いしてみると、皆さん、本当に気持ちがお若い方々ばかりで。世間一般のマーケティング会社のリサーチから導きだされる“50代のイメージ”とはかなり差がありましたね。老けていないことはもちろん、“新50代”と主張されるような人たちでもなく(笑)。
Dr.衣理
そうなんですね。具体的にはどんな方々だったのですか?


内山しのぶさん
内山さん
50代というと子育てが一段落したり、仕事でも転機が訪れる時期ですが、みなさんパワーに溢れていて。「やりたいことをしたい」、「社会に出て行きたい」、「10年先を見つめていたい」など、
新しいステージで活躍したいという強い思いを秘めた方々でした。
Dr.衣理
きっとバブルの時のパワーやエネルギーを覚えていて、それをずっと胸に秘めているのかもしれません。私もよくわかります(笑)。
内山さん
「まだ頑張ればできる」と思っているエネルギーが強くて。その気持ちを、誌面に落とし込んだつもりです。