「美しさを意識すると、必ず結果にあらわれる。少しサボれば、衰えてしまう。美容は正直ですね」...黒崎さん

Dr.衣理
えり子さんが美容に目覚めたのは、ネイルをはじめたことがきっかけだと伺いました。
黒崎さん
はい。サロンワーク中に、お客様から、さまざまな最新の美容情報を教えて頂く機会に恵まれ、もともと美容やコスメが大好きだったこともあり、美容に完全に目覚めました。その当時、ネイルサロンは今のように一般的ではなく、相当、美容に意識の高いお客様ばかりでしたから。
Dr.衣理
Dr.衣理
お客様から感化されたんですね!
とてもよくわかります。
私も患者様のお話から、肌悩みの傾向などを理解することがありますし。

その時に美容に目覚めて、いまに至るんですね。
黒崎さん
はい。もともと肌にはトラブルは現れにくいほうなので、基本的なスキンケアを怠らなければ肌状態は安定していますが、新しい化粧品やコスメは積極的に試しています

最近は年齢に伴う“たるみ毛穴”や、肌のたるみが気になり始めて。ちょうど30代後半からでしょうか。それ以来、“帰宅したら、すぐに化粧を落とす”、“通年で日やけ止めを使う”など、基本のスキンケアも徹底するようになりましたね。
Dr.衣理
さらに、ジョギングなど運動もされているとか。東京マラソンにも出場されたんですよね!
黒崎さん
はい。走っている時は頭のなかでいろんなことが整理されるので、ジョギングは好きですね。
朝5時から走っていることも多いんですよ。
Dr.衣理
朝5時から! とてもアクティブですね...。 黒崎えり子
黒崎さん
もともと朝型ですし、早朝は人気も少なく、日差しが強くないので。
走りはじめの15分くらいは、「なんで私、走っているんだろう」とか思ってしまうんですけど(笑)。走っているうちに気分がのってきますね。

もともと仕事がきっかけで東京マラソンに出場することになり、ランニングを始めたのですが、すっかりその魅力にハマってしまいました。

昨年はハワイのホノルルマラソンにも初参戦してきましたが、紫外線が気になるあまり、日差し除けのサンバイザーをかぶりつつ、腕にも遮光性のあるアームシェードをし、完全フル装備で走りました。そしたら、現地の人たちから奇異なものを見るような視線を浴びましたけど(笑)。それ以来は紫外線が強い日は無理をせずに、自分のペースで走ろうと思いましたね。
Dr.衣理
えり子さん、何事にものめり込んでしまう性格だからでしょうか(笑)。
黒崎さん
そうですね。何でもさじ加減が大事だなと思いますね。美容もそう。美しくなろうとスキンケアを頑張ると結果が現れますが、ちょっとサボろうかなと思えば、すぐに衰えてしまう。

とはいえ、あまりにもやりすぎてしまうと、柔らかさがない、怖い見た目になってしまいますし。
バランスが大切ですね。
Dr.衣理
本当にそうですね。自分の外見を磨いていくのは、嬉しいし、女性としての楽しみにもなる。
だけど、“どんな美しさを目指しているのか”をきちんと確認していないと、美に操られてしまうというか...。すると、確かにいきすぎてしまいますね。