「豊かな表情は、元気な心から生まれる。 だから、日常の出来事に幸せを感じる自分でありたい」...木佐さん

Dr.衣理
Dr.衣理
木佐さんはいつも笑顔が素敵で、全身から“幸せオーラ”が出ているのがわかる。お会いするたびに、そう思うんですよね。
木佐さん
ありがとうございます。自宅では子どもを叱ったり、イライラしてしまうことも多いんですが(笑)。ただ、“豊かな顔の表情は、元気な心から生まれる”と思っているので、なるべく笑顔でいるようには心掛けていますね。
Dr.衣理
私もそうですが、仕事、子育て、ご主人のケアなど、確かに気忙しくなりがちですものね。笑顔でいるために、どんなことを実践されているんですか?
木佐さん
たとえば、子どもが学校から帰ってきて、家庭教師を受けさせている間、私はちょっとだけ外出して、近所のダイニングバーで1杯飲んでみたり(笑)。時間でいえば17時半くらいからでしょうか。その時間帯は習い事や塾に行っている子どもたちが多いことから、ママ友を誘うことも多いですね。
Dr.衣理
Dr.衣理
ママの抜け駆けですね(笑)。
となると、帰宅する頃にはほろ酔い?
木佐さん
そうですね(笑)。
最近は、息子も「ガミガミしているママよりは、ご機嫌なママのほうがいいよ」なんて言うようになって(笑)。私はこれを“オバンデレラ”って呼んでいるんですけどね。シンデレラは0時が門限ですが、オバンデレラは19時が門限で。
Dr.衣理
オバンデレラ(笑)。面白いですね。
そうやって、リフレッシュされているんですね。
私も自宅に帰って、家事を終えて、みんなが寝静まった後に“ひとりシャンパン”をしていますね。さすがに、どなたかを誘える時間帯ではないので、自分だけのご褒美タイムなのですが。