「舞台メイクを30分で急いで変えなきゃという時、“肌をこすったらダメ”っていう衣理先生の声が心に浮かぶんです」(笑)...柚希さん

柚希礼音さん
Dr.衣理
今回の対談は宝塚歌劇団を退団なさった後のすぐのご出演、大変光栄に思います。
柚希さんをずっと応援させていただいてきた私としては、感激もひとしおです。
柚希さん
ありがとうございます。衣理先生は以前から様々な肌トラブルの悩みを聞いてくださったり、ひどい肌あれをした時や、体調不良の時に支えてくださったりと、本当にお世話になりました。

もともと宝塚の下級生の頃から肌トラブルに悩まされていましたが、衣理先生の「肌をこすったらダメ」、「メイク落としは丁寧に」、「保湿をきちんとする」といったアドバイスを常に心に留めてきたおかげで、徐々に肌トラブルも軽減できました。舞台メイクを30分で急いで変えなきゃ!!という時も「肌をこすったらダメ」という衣理先生の声が頭に浮かぶんですよ(笑)。
Dr.衣理
それは本当に嬉しいですね。柚希さんは人一倍というか、人100倍の努力家で。
天性の才能をお持ちなのに、それに加えて努力も怠らない。しかも、こうした周囲からのアドバイスも的確に取り入れて自分のものにする柔軟性は素晴らしいと思っています。
柚希さん
支えてくださる周囲の方々のアドバイスを糧にすることで、
肌悩みだけでなく、色々な状況下でのさまざまなことを乗り越えることができました。

メイクアップもそうです。宝塚の先輩であり、尊敬しているヘア&メイクのCHIHARUさんもいつもアドバイス下さる頼もしい方。私がトップになった時にも、「宝塚メイクはこうでなければならない、というこだわりから離れてもいいと思う」、と仰ってくださったおかげで、伝統の宝塚メイクに+「今」のメイクも取り入れて、より自分の求めるメイクを実践できた気がします。

このようにお客様はもちろんのこと、宝塚の多くの素晴らしい先輩方や頼もしい同期、新しい風を吹き込んでくれる後輩達に支えられて今までやってこられたのだと思います。

「周囲の意見を取り入れながらも流されることはない。それは自分をお持ちだから」...Dr.衣理

Dr.衣理
そう、スキンケアにしてもヘアメイクにしても、
周囲の意見をどんどん吸収していかれるそのセンスとストイックさが、本当に凄い!!と思います(笑)。
柚希さん
きっと、私が欲しかったご意見・アドバイスだからでしょうね。
そうだったのか~と、納得できるから実行に移せるのだと思います。
肌についても下級生の頃はスキンケアのことを全く分かっていなかったですし、
自分の肌が思いのほか敏感なことにも気づきませんでしたね。

衣理先生のイースペシャルでは肌がぴりぴりしないけど、他のブランドを使うと荒れてしまったこともありまして。
そんな経験もあり、信頼して(笑)アドバイスのひとこと一言をきちんと聞くようには心掛けているんですよ。
柚希礼音さんとDr.衣理